Protel 2004 99 SEとの違い
プロテル 進化論 Protel/Altium Designer
Protel 2004 99 SE からどこが改良され、どのように進化したか
Altium Designer Protel (プロテル)専門店
Altium Designer 6 - Protel からの進化
Altium Designer の資料請求
プロテル 進化論 Protel/Altium Designer
Picking up essence
Protel 進化論
Protel 99 SE の終了に際して
[ Protel 2004 までの道のり ]
 Protel Windows ボード設計ツールは1991年にPCB 1.0が発売されて以来、早いテンポで新製品が発売されてきました。しかしProtel 98以降は製品名からバージョン番号が消えましたので、その流れがわかりにくくなってきました。そこでいままでに販売されたProtelWindows製品を簡単に整理してみました。

 製品とその概要  販売時期
(1) Advanced Schematic/PCB 1.x  1991 - 1993
Protel 最初のWindows 版製品
(2) Advanced Schematic/PCB 2.x  1993 - 1995
Schematic/PCB 1.x の改良と機能追加 - (旧製品の改良版)
(3) Advanced Schematic/PCB 3.x  1995 - 1998
EDA/Client 統合環境の導入
(4) Protel 98  1998 - 1999
Schematic/PCB 3.x 32ビット化 - (旧製品の改良版)
(5) Protel 99  1999
DsignExplorer 統合環境/統合デザインデータベースの導入
(6) Protel 99 SE  2000 - 2005
Protel 99 の改良と機能追加 - (旧製品の改良版)
(7) Protel DXP  2003 - 2004
機能拡張したDXP 環境の導入による大幅な機能と統合の強化
(8) Protel 2004  2004 -
Protel DXP の改良と機能追加 - (旧製品の改良版)
  (発売時期は商品が流通したおおよその期間)

 この一覧を見ると、これまでに
8種類の製品がリリースされ、大きなリニューアルの後には必ずその改良版がリリースされていることがわかります。この進化のしかたはProtel 特有のものではないかと思います。また最新版のProtel 2004は、Protel 99 SEをリニューアルしたProtel DXPの改良版であることがわかります。

     [ Protel 2004 99 SE との違い]

 Protel 2004Protel 99 SEのリニューアルモデルととらえて、その改良点をいくつか取り上げてみます。一見、別物に見えるほどの大きな改良がおこなわれていますが、ここではその一部だけをご紹介します。
 ● 環境

 Protel 99 SEの統合データベースファイル(DDB)が廃止されました。デザインファイルは、シート/PCBごとに個別のファイルで保存され、独立したテキストファイルでプロジェクトの関連付けが行われます。
 ユーザインターフェイスは、さらに多機能で柔軟性の高いものに変更されています。デザインデータを詳細にパネルやウィンドウにリスト表示させ、能率よく編集できるように改良されています。また、統合化がさらに進み回路図とPCBのデータの連携と整合のチェックを、より精密に行えるように改良されています。
 一方、プログラムが大きくなったため、動作環境に対する要求が厳しくなっています。
Protel 99 SE以上に高速なCPUと容量の大きなメモリが必要です。また、Windows95/98系のOSでは使えなくなりました。WindowsXPなどWindows2000以降のNT系の
OS環境が必要になります。
 ● デザインエントリー
 Protel 99 SEでは、PCB設計用の回路図入力機能しか備えていませんでしたが、Protel 2004ではFPGA開発用のための機能が加えられ、回路図とHDLを混在させたデザインエントリが可能になりました。また、VHDLシミュレータとVHDL論理合成機能を備えています。さらに別売りのNanoBoardを使用することにより、FPGAの書き込みとデバッグが可能になります。
 PCBフットプリントを同時に格納できる統合ライブラリが新たに加わり、フットプリント形状を確認しながら回路図を描けるようになりました。また、シンボル属性に伝送線路シミュレーション用のモデル属性を割り付けることができ、PCB設計の前に高速回路の信号の劣化を予測できるようになりました。
 Protel 2004ではマルチチャンネル回路のサポートなど、他にも多くの機能が追加されています。これらについては、
Protel 2004 回路図エディタ のページおよび、アルティウムシジャパンのホームページで紹介されています。
 ● PCB 設計
 Protel 99 SEに対して多くの改良と機能の追加が行われています。ここでは配置/配線/伝送線路シミュレータ/3Dビューワ/オートルータ/ガーバエディタそれぞれについて、その違いの一例をご紹介します。
(1) 配置 - 基板外形に周辺に部品を整列させる機能が追加され、初期配置の際に部品を取り出しやすくなりました。(SP2)
(2) 配線 - 面パターンの内部をトラックで塗りつぶさないインテリジェントコパーがサポートされ、データが軽くなりました。(SP2)
(3) 伝送線路シミュレータ - 回路図/PCBと連携が緊密になったため、より使いやすくなりました。
(4) 3Dビューワ - 3Dモデルの読み込みと3Dデータのエクスポートが可能になりました。
(5) オートルータ - 配線品質が向上し、オフグリッドパッドから配線がきれいに引き出されるようになりました。また高速回路用のパラメータが追加されました。
(6) ガーバエディタ - リバースエンジニアリング機能が追加され、ガーバデータから容易にProtelPCBデータに変換できるようになりました。

  [ Protel 2004 のコンセプトと運用のポイント]

 Protel 2004ではProtel 99 SE以上に回路図を起点としたトップダウン設計志向が強まっています。このため、回路図を用いないネットリストベースでのPCB設計では、いくつかの重要な機能が利用できません。なによりも「はじめに回路図ありき」の意識を明確に持ち、設計意図を精密に反映した回路図を作成することが重要です。一方、下流工程で設計変更が発生した場合の、回路図との整合化機能が充実しており、いかなる変更が行われた場合にも回路図とPCBとのくい違いを回避することができます。
 また、Protel 2004ではユーザインターフェイスが大きく変更されており、Protel 99 SEで使用していた機能が簡単に見つからない場合があります。一例として、Protel 2004にはProtel 99 SEのような、グローバルチェンジやネットコンペアのコマンドはなく、異なったユーザインタフェースによる新しい機能が提供されています。これらの新機能を使うと、Protel 99 SE以上に高度な処理ができます。Protel 99 SEで使っていたコマンドがみつからない場合には、必ず高度化した新しい機能が存在しますので、これらを探し出して使いこなす努力が必要です。
 Protel 2004のコンセプトの把握と運用には、
CQ出版の統合型プリント基板CADツールの運用方法 が参考になります。Protel DXPをもとにして書かれていますが、Protel 2004にも当てはまる内容になっています。

     [ 進化過程から見た Protel 2004 ]

 Protel は、革新的な機能を盛り込んだ新製品とその改良版を交互にリリースし進化してきました。そして、これまでに改良版にあたる製品としてAdvanced Schematic/PCB Ver 2.xProtel 98Protel 99 SE3種類がリリースされました。これらの製品は完成度の高さが受け入れられ、新製品が出た後も長く使い続けられました。
 最新版の
Protel 2004Protel DXPの改良版であり、定番化した以前の製品を同様に完成度の高い製品です。
 Protel 99 SE
5年間も販売が続けられたベストセラー製品であり、おそらく世界で最もユーザ数の多いPCB統合ツールであると思います。しかし、Protel 2004はすでに、これを凌ぐほどの完成度に達してており、近い将来Protel 99SEに代わる定番ツールになることを予感させます。

商品名称の変更 Protel 2004 / Nexar 2004 / Nexar-Protel 2004 / CircuitSstudio 2004 /CAMtastic 2004 は、商品名がAltium Designer Protel Option / Altium Designer Nexar Option / Altium Designer Nexar-Protel Option / Altium Designer CircuitSstudio Option /Altium Designer CAMtastic Option に変更されました。
Altium Designer 6 への移行
20061 Altium Designer 6 への移行に伴い、オプション構成と名称が変更されました。

Altium Designer 6 への進化
Altium Designer ユーザサポートサイト
アルティウムの日替り?情報局

アンビルコンサルティング株式会社   2007年2月5日 改訂
トップに戻る Protel / Altium Designer Condenced Page
Altium Designer(旧 Protel)トツプ
アルティウム キャンペーン