アルティウムの戦略的ニューバージョン

Altium Designer 6

Protel から Altium Designer
Altium Designer との橋渡し Protel / P-CAD をサポート
Altium Designer 6 の新機能と商品構成、そして Protel ブランドの消滅
Altium Designer との橋渡し - アルティウム専門店
       Protel 進化論  Altium Designer の資料請求
プロテル 進化論 Protel/Altium Designer
Picking up essence
Altium Designer 6 - 新バージョンの要約
[ 過去との決別を図る Altium Designer 6 ]
 2005年も押し迫った年末の12月に Altium Designer 6 の出荷が開始され、2006年1月以降の出荷はこの新しいバージョンに切り替わります。このAltium Designer 6 では、PCB 設計機能を中心に大幅な拡張が行われているものの、 技術的には DXP プラットフォームを用いた製品であり、2003年にリリースされた Protel DXP の改良品であるといえます。しかし、このリリースを期に、名前の変更など今までとは異なる大きな変更が実施されています。
 
2005年の8月に Protel Altium Designer のサブブランドに格下げされましたが、Altium Designer 6 から完全に Protel の名前が消滅しました。そしてもうひとつ、従来のProtel の機能が 2 つのライセンスオプションに分割されたことです。このため、回路図を描いて PCB を設計するために必要な全機能を得るためには、従来の Nexar-Protel に相当するフルセットの Altium Designer を購入するかまたは、FoundationBoard Implementation の 2 つのライセンスオプションを購入する必要があります。
 以前に
Protel進化論 で作成した一覧に、今回の Altium Designer 6 のリリースを追記しましたのでご覧ください。

 製品とその概要  販売時期
(1) Advanced Schematic/PCB 1.x  1991 - 1993
Protel 最初のWindows 版製品
(2) Advanced Schematic/PCB 2.x  1993 - 1995
Schematic/PCB 1.x の改良と機能追加 - (旧製品の改良版)
(3) Advanced Schematic/PCB 3.x  1995 - 1998
EDA/Client 統合環境の導入
(4) Protel 98  1998 - 1999
Schematic/PCB 3.x 32ビット化 - (旧製品の改良版)
(5) Protel 99  1999
DsignExplorer 統合環境/統合デザインデータベースの導入
(6) Protel 99 SE  2000 - 2005
Protel 99 の改良と機能追加 - (旧製品の改良版)
(7) Protel DXP  2003 - 2004
機能拡張したDXP 環境の導入による大幅な機能と統合の強化
(8) Protel 2004  2004 - 2005
Protel DXP の改良と機能追加 - (旧製品の改良版)
(9) Altium Designer Protel License Option  2005
Protel ブランドをサブブランドに格下げ- (改良と名称変更)
(10) Altium Designer Foundation License + Board Implementation License  2006 - 2008
Protel ブランドの完全消滅 - (改良と名称変更)
  (発売時期は商品が流通したおおよその期間)
 この一覧を見ると、大きなリニューアルの後には必ずその改良版がリリースされていることがわかります。また、
Protel DXP のリリース以降は DXP プラットフォームを使った基本的なシステムは変更されておらず、幾度も機能の拡張と名前の変更が行われていることがわかります。

     [ Altium Designer 6 の商品構成 ]

 Altium Designer 6 には次の 4 種類があります。
Foundation

 デザインエントリーに必要な機能を一揃いセットにしたもので、
CircuitStudio の後継になります。CircuitStudio と同等の機能を備えていますので、今 CircuitStudio の導入検討中の方は、この Foundation License をお選びください。価格は、598,000円(ノードロック版)に改訂されています。
Board Implementation
 
PCB 設計に必要な機能を一揃いセットにしたもので、Protel の後継になります。しかし、従来の Protel に含まれていたデザインエントリー機能、すなわち CircuitStudio に相当する機能が省かれています。このため従来の Protel と同等の機能を得るためには、この Board Implementation License に加えて、Foundation License を合わせてご購入いただく事が必要です。また、従来のProtel が備えていた VHDL コンパイラ等の FPGA ハードウェア開発機能が省かれています。価格は、1,196,000円(Foundation付きノードロック版)に改訂されています。
Embedded Intelligence Implementation
 
FPGA のハードウェアとソフトウェアを開発するために必要な機能を一揃いセットにしたもので、Nexar の後継になります。しかし、従来の Nexar に含まれていたデザインエントリー機能、すなわち CircuitStudio に相当する機能が省かれています。このため従来の Nexar と同等の機能を得るためには、この Embedded Intelligence Implementation License に加えて、Foundation License を合わせてご購入いただく事が必要です。価格は、1,196,000円(Foundation付きノードロック版)に改訂されています。
Altium Designer (オプション名なし)
 これには
Altium Designer の持つ全ての機能が含まれており、従来の Nexar-Protel の後継になります。ボードレベルに加えFPGA の開発を行う場合にはこれをご購入ください。価格は 1,400,000円(ノードロック版)に改訂されています。


Altium Designer 6 は販売が終了しています。 Altium Designer 6ユーザはアップグレード価格で最新の Altium Designer にアップグレードできます。





最新の Altium Designer の概要

Altium Designer をフルサポート アルティウムの日替り?情報局
アルティウムの情報箱  Altium Designer ユーザサポートサイト 

アルティウム代理店 アンビル コンサルティング株式会社  
2006年 1月 4日   更新: 2009年 9月 21日

   [ Altium Designer 6 の新機能と改良点 ]

 Altium Designer 6 は従来製品と同様、 DXPプラットフォーム環境下で動作します。基本的なシステムに大きな変更はありませんが、ボードレベルの設計機能を中心に多くの機能の追加と改良が行われています。特に PCB 設計機能においては、半田面から見たレイアウト表示や TrueType フォントによる日本語入力が可能になるなど、実用性の高い機能が実現されています。また回路図エディタでは、簡単に矢印が描けるようになったので、注釈や寸法を入れる場合には大変便利になるでしょう。
    【 回路図エディタの機能拡張 】
サイトのトップ Protel / Altium Designer Condenced Page
Altium Designer(旧 Protel)トップ
アルティウム キャンペーン
Protel から Altium Designer 6 へのアップグレード